O脚矯正 〜こんな方に有効です〜

O脚は日本人特有の症状で、欧米人にはあまりみられません。これは、生活習慣の違いで、日本人の場
合、自宅等では、靴を脱ぎ地べたに座る習慣がありますが、欧米では、自宅内で、靴は脱ぎません。
(100%原因ではありませんが)O脚になれば、骨盤が開き内臓疾患、当然スタイルまで、影響します。経
験上、O脚の方は冷え性、むくみ、便秘等が併発しやすくなります。膝の痛み、股関節痛、スタイル改善(冷
え性、むくみ、便秘)健康診断等で身長がマイナスになった方(1cm〜2cm)は骨格の歪みの疑いがあると

 

思われます。(先天性の股関節疾患の方は改善不可)

O脚は骨盤の歪みに加え、内転筋という太ももの内側の筋肉がたるんでいることも多々あります。O脚では

 
ないが太ももが気になる方は骨盤及び、股関節に何らかの歪みがあり、下腹部のたるみなどは、骨盤が
 
広がり、内臓疾患のおそれがあります。骨盤が開く原因として、「横座り」があります。日本人特有でもあり
 
ます。この座り方は、太ももが内旋し、お尻の外旋筋郡が引っ張られて骨盤が前傾(出尻)になりやすい傾
 
向にあります。骨盤が前傾すると坐骨周辺部が下がり広がってしまいます。
 

 

 
特に女性の方でこんな体験をされたことありませんか?


 


ショッピングなど行ってスカートを試着したとき、ウエスト部分は大丈夫なのに、骨盤周辺で、引っか

 
かってしまうことありませんか? まさにO脚症候群です。


O脚が気にならない方も若いときは筋肉も発達していますので、さほど気になりませんが、問題は自

 
身が年齢を重ねたときに影響がでてくる可能性が高いのです。自分で未来を想像してみてください。


後で後悔しないように。


少しでも若いときに治されれば、年齢を重ねても気になりません。

 


自分のカラダに磨きをかけましょう。

 

もちろん歩き方や、効果的なエクササイズ等もご指導いたします。通院回数の目安は個人差があり

ますが、当オフィスでは平均して「週一ペース」で、半年くらい施術を受けていただいてます。
 

個人差はありますが、平均10回前後で整ってきますが本音を言えばお体の柔軟性の乏しい方はお
時間がかかると思います。

 
見た目をよくする以上に健康な体を取り戻すことに重点をおいた治療を行っています。但し、個々通

院ペースもご提案しますが、あくまで自己判断とし、ご自身で判断がうまくできない時はお気軽にお

尋ねください。


450-20110702101752139279.jpg


 

 
 


※施術者からのお願いですが私も全力で治療していきますので、患者さんも治りたい意志をもってく

 

だされば必ずよい結果がでます。

 



 <治療手順>


 
@問診  カルテに症状、既往歴などを記入していただいた後問診していきます。

 


A視診  (骨盤、股関節、膝)及び全身の視診を行います。

 


B検査  整形外科テスト、可動域の検査を行います。

 


Cほぐし 骨格全体をほぐしていき、硬くなっている部位を重点的にやわらかくしていきます。

 


D矯正  下半身を重点的に治療していきますが、状況に応じて上半身の治療も行います。

 

 

 
E指導  歩き方の指導を行いますが、最初は難しい事もありますが、日々歩き方に対して意識す

 
    る事が重要です。最後に一番気になる改善予想を提示するわけですが、正直個人差があり

 
    長くかかる方もいますが、日々動いている時の足の感覚は、かなり変わってきますし、50代

    半ばの方はパンツのウエストが緩くなり、スボンを買い替えたそうです。