カイロプラクティック〜こんな方に有効です〜

不良姿勢による疾患、肩こり、腰痛、首の痛み、頭痛、手足のしびれ、四十肩、骨格、骨盤の歪み、膝の痛み、筋骨格のアンバランス、生理不順、慢性的な疲労などの、健康面を見直すための治療法です。
まず、症状を確認し、、可動域検査、立位でのカラダのバランス確認を行いながら、全身の筋肉を調整していきます。骨の歪みによって、カチカチに緊張した全身の筋肉を手で、関節等にソフトな治療で歪みを治していきます。、骨格正常な位置に戻すために手で調整していきますが特に痛みや硬くなっている部分は矯正中手で押された関節はコキッと音を発します。骨が極端に歪んでいる人や、筋肉がうんと緊張している人は多少痛みを感じる場合もありますが、通常は全く痛みを伴いません。矯正を受けているうちに患者さんは、全身の筋肉のコリがほぐれてくるにで、とてもリラックスでき気持ちがよくなってきます。
<治療の手順>
@問診  カルテに症状や、既往歴など記入していただいた後、問診を行います。
A視診  姿勢分析、を行い、立位にて、カラダのバランスの状態、(前後、左右、回旋)   の柔軟性のテストを行います。
B検査  症状により、各種テストを行い、施術法を作っていきます。
Cほぐし  骨格全体をほぐしがら、問題点をピックアップしていき十分にやわらかくしていきます。
D矯正  症状によって変わってきますので、患者さんに合った矯正を行います。
矯正音のでない方法もありますので、門診時に遠慮なく申し出てください。)
E説明  現状、矯正した場所、対策等をご説明いたします。
F指導  姿勢やエクササイズ、「どれくらいの期間で治るか」の目安などをアドバイスいたします。

当オフィスの治療について

関節の症
腰痛、ぎっくり腰、首の痛み、凝り、寝違い、五十肩、肘の痛み、手首の痛み、背中の痛み、股関節の痛み、
膝の痛み、足首の痛み、顎の痛み,頭痛
全身の症状
冷え症、むくみ、不眠、お体のバランス
神経の症状
手足のしびれ、頭痛(筋緊張型頭痛) 坐骨神経痛
内臓器官の症状
便秘、眼精疲労、生理痛、慢性疲労
その他の症状
妊娠中の調整(腰痛) 産後の骨盤調整、スポーツケア(野球、ゴルフ、バレエ、水泳、舞踊)
 
 

カイロプラクティックに有効な症状

 

 

特徴1腰痛編
仙腸関節≪おしり側).jpg

だれもが経験した事のある腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎管狭窄症、様々と病名がありますが、大半の方は、横図にある仙腸関節の歪みが原因。一昔前までは仙腸関節は動かないと言われてきましたが、最近では動くとも言われております。図の中の赤い点の部分が仙腸関節で、この図はお腹側の図ですが、お尻側であれば、左右骨盤の中央部の出っ張り周辺の位置になります。この部分のひずみが痛みの発信源ですので、解放してあげれば、かなり完治に近い状況になります。当オフィスでは、年齢によって施術法が変えますが、仙腸関節を解放すること、下肢をメインとして治療になりますが、足関節、膝、股関節、特に足関節が

かなり重要です。足関節は(足首)は腰痛の方が刺激されると正直痛いです。

痛いと言うのはボキボキする痛さではなく、ツボに刺激される感覚ですが、最近の方の大半は足関節が硬くなり、しゃがむ動作が少なくなったことも影響しています。

足元が不安定になれば膝、腰にかなり悪影響を及ぼすことだけでなく、肩こりも

実は下肢を調整すれば、かなり解消できます。肩周りだけほぐしても一時的に

楽ですが、下肢は支えるところですのですべては下半身を整えるのが当オフィス

のやり方です。

 

 

 

特徴2首痛 肩こり
 
肩こり.jpg

デスクワークの方に多い肩こり、最近ではスマホ首とも言われてますが、人間の

 頭の重さはボーリングのボール位の重さがあるため、下ばかりみている方は相

当な負担です。改善のポイントは首の付け根周辺、ですが、やはり下肢を整えること、人間のお体はすべて連動してます。意外に思うかもしれませんが、首

の痛みも足関節のある部分も刺激することで、かなり解放できますので、その場

しのぎで終わっている方は下半身を整えましょう。

 

 

特徴3頭痛(筋緊張型頭痛)
頭痛.jpg

原因として多い、後頭部、目の奥の痛み、片方の側面(こめかみ)であったり様々な場所に起きます。原因として一番多い首から腰の背骨に沿う脳脊髄神経及び自律神経のネットワークが乱れ影響が出やすいと言われております。それを緊張型頭痛と言われるわけですが、病院で診断されるわけですがその場合は当オフィスの施術対象になります。施術方法として頸椎の歪み、特に首の付け根がポイントになりますので、椎骨を正しい位置に戻し、さらに肩甲骨周辺の緊張を解放していけば、改善が期待できます。(私の一番得意な部分です。)

 

 

 

 

特徴4顎の痛み
 

顎の痛み.jpg現代病でもある顎の痛み、最近の若い世代の方は顎が細いうえに咀嚼回数が昔の方と比べてかなり少ないそうです。さらに社会がスピード化して、ストレスが溜まり、人間緊張感が続けば無意識に歯を噛んでいるそうですがご本人は全く意識がない。就寝時の歯ぎしりも昔に比べてかなり多いそうですが、歯ぎしりの噛む力は男性で70キロくらいのパワーがかかっているそうですので、顎が歪んでもおかしくないですね。顎の痛みだけでなく、耳が痛くなる方もいますが、一般的に耳が痛みがあると。普通耳鼻科に行かれますが、診断は異常なしと言われた方は顎の関節炎の可能性があります。そういった方はカイロ治療で、有効ですので、炎症を取り除き顎の関節を正しい位置に戻して解決しますが最優先は炎症を取れば、痛みは消失しやすいです。

 

 

 

特徴5膝の痛み
clipimage_05.jpg 

 

膝の痛みも、特に高齢者の方にかなり多い分野です。皆さんがよく言われる変形性膝関節症といわれる病気、カイロ治療でも有効ではありますが、すべてが有効ではありません。外科手術が必要と診断された場合は当然カイロ治療では不可能ですが痛みを和らげることは可能です。当たり前のことですが、変形を物理的に不可能です。カイロ治療では膝だけでなく、下肢全体(股関節、膝関節、足関節(足首)を重点的に施術し、筋肉疾患(大腿四頭筋、膝窩筋等)を刺激していきながら治療していきます。