受付時間
受付時間:10:00~20:00
定休日:日曜日

お気軽にお問合せください

052-202-5603

ゴルファーのための整体

せっかくのゴルフが・・・

ゴルファーのお悩み

  • 年齢のせいか、飛距離を伸ばしたい
  • スイングするとき、首、肩、肘、手首、腰が痛い
  • まっすぐアドレスできない気がする
  • ラウンド後、体の関節が痛い
  • 左足が踏ん張れない(右利きの場合)
  • 力まないお体にしたい(いかに腕を使わず打つか)

痛いところがあるということは、お体もですがスイングも歪んでいるサインかもしれません。

スイングの悪い部分を痛みが教えてくれていると思います。しかし、サインが出ているのに

がんばってしまう方早く気付くべきです。経験上ですが、ひざ、腰が痛くなる方のほとんど

が、足首がずれてますので自覚のないかもしれませんが、慢性化されている方は要注意。

 

スイングするとき首が痛い

左の首すじが痛い場合インパクトで、首がそっくり返っている可能性大。

右の首すじが痛い場合は、首を残しすぎかもしれません。

ボールに当たった瞬間に首に衝撃がきます。なぜなら、腕と首はつながっているためです。

左ひじが痛い

おそらく、インパクトが詰まっている、もしくは力んでヘッドが振り抜けていないかも

しれません。

右腰が痛い

インパクトで体重が残りすぎかもしれません。

左のお尻が痛い

おそらくダウンスイングで、無理に体を左に引っ張っているかもしれません。

手首が痛い

グリップを強く握りすぎかもしれません。

ひざが痛い

背骨の歪み、骨盤 股関節、足首が歪み、もしくはひざの半月板がずれているかもしれません。

バックスイング時に左右どちらかの肩周りが痛い

おそらく、胸の前にある、大胸筋、小胸筋と言う筋肉に負担がかかっているかもしれません。

ローターカーエフと言って肩関節が拘縮(こうしゅく)してしまうと時間がかかる疾患です。

腱の損傷であり、拘縮(こうしゅく)とは関節が硬くなった状態で、そうなってくると、

しばらくプレイは困難です。

 

 

※人によって、違いはありますが普段自宅などで、素振りをしていても痛くならないのに・・・

と言う方は実際打つ時に素振りと、違うことをしているということです。

逆に言えば、痛い部分が、このスイングは良くないですよと教えてくれているわけですから

素直に耳を傾けて、ケガの功名じゃないですが、スイングを直すか、体を直すかどちらかです。

ケガを治す方法

全身の歪み

ゴルフは、同じ方向へスイングするので、基本は足首からの治療で、ひざ、股関節、骨盤、腰骨、首を重視しながら施術していきます。体のどこかが痛い場合は、関節、靭帯が、かなり硬くなっている可能性が高い。

基本の足首は、他のスポーツにもかなり有効ですので、

電気治療しても解決されない方はお任せください。

 

 

整体を受けるメリット

①当然お体のバランスがよくなります。

②既存患者さんが言ってくださるのは、パターを行う時にスッと構えられる。

③パターを打つ時の腕がスムーズになった。

④長くゴルフができて、仲間と楽しめる。

 

 

飛ばしたい心(筋トレよりも足首強化)

 

プレイされる方は、皆飛ばしたい気持ちがあるのは当然です。クラブに頼る方ももちろん悪く

ないと思いますし、体格によっても個人差があります。技術的なことは、インストラクターではないので、省きますが、ゴルフスイングは円運動でスイングしますので、地面で支えている

は、足元だけです、支えている部分を更に頑丈にすれば、もっと飛ぶはずです。

下半身強化=スクワットと世の中では言われてます、決して間違いではないですが、足元つまりフィニッシュは左足で支え、足裏がめくれないようにすれば、飛距離は結果的に伸びるのではないかと思います。めくれないようにするにはスクワットではなくて、足首の強化、しなやかさをつければと思いテスト的に自身でも強化してみました。結果飛距離が伸びたわけではないが、格段に変わったのがミート率は上がりましたので、各ホールでの飛距離の安定にはつながってます。飛距離安定のテーマもとても大事かと思いますので、足首強化をお手伝いしますので、興味のある方は是非ご来院してください。

 

胸鎖関節の可動域が上がれば5打は変わります。

飛ばしたい心(上半身)

ゴルフでボールを打つ上で、下半身主導で打てとか、よく聞く言葉ですね。しかし、実際打つのはクラブですから、腕を使わないわけありません。止まっているボールを打つわけですから、そこが野球と違うところで下半身は、最小限の動きにしたいわけです。我々アマチュアは動きすぎで、ダブったり、トップしたりすしてしまいます。飛ばす上で身体のどこかは固定するくらい気持ちがないと飛ばないので、下肢は固定するわけではないが、最小限にして、上肢で打つわけです。

ここから本題で、腕をスムーズ、ヘッドを振り切るには胸鎖関節(きょうさかんせつ)の動きが大切で、胸鎖関節は、腕全体を動かす一番軸、つまり操作するハンドル的なところです。

この関節の動きが悪くなると、パターが一番影響受けやすく、ストロークや、時にはパターでダブったり、ショートアイアンや、ウエッジのショットでミスしやすい方は、この関節に問題ありです。

後、バックスイングや、フォローが非常にスムーズになり、背骨を動きをよくすればOKと聞きますが、私的には不十分だと思います。年齢を重ねてだれもが、身体は硬くなってきます。クラブに投資することが、決して悪いとは言いませんが、クラブを購入するよりは安く済むと思いますので、この関節の動きをよくすることは、さほどお時間はかかりませんので、自分のお体見直しませんか。

スイング時に力みが取れない方へ

以前、古武術を習っていた時に指導を受けたことがあり、そこで教わったのは、「小指が力みをコントロールする」と言うこと。皆さんクラブを握るときに握りすぎの方が多い気がします。昔からグリップを握るときに小指から握れとか教わったと思いますが、クラブを握るのは指なんですが、小指をあえて強く握らず浮かせるくらいの感覚で握ると力が抜けやすい。腕だけでなく、足の小指も同じで、小指以外で、立っている感覚で立つと力が抜けやすいです。足の小指に関してはインパクトの瞬間は左足の小指で支えると、左足の壁が出来やすいので、試してみては。力みがなくなるとケガしにくいゴルフができて長くラウンドできると思いますので、試していただけると嬉しいです。

来院の目安=お体のどこか痛みがある場合は早い方がよいと思います。放置していても治りません。

お客さまの声

ここではお客さまの声をご紹介します。

名古屋市 (会社員)

mk様

競技ゴルフをしていることもあり、体のケアをしてます。ラウンドの後半になると、左足を踏ん張ることができず、力が伝わらない、自分勝手に練習不足と判断していたが、出張に行き、長く歩いた時も同じ違和を感じたので、施術を受けた。足元を施術してもらい、地に足がつく感覚、今までにない感覚、今は痛みがあったことも忘れるくらいになり感謝です。

岐阜県 (会社員)

yy様

会社員でもあり、冬の週末はスキーインストラクターをして、50代にもなるとスキーのターンが左右均等にできず、元々足の甲に古傷のせいと思ってましたが、妹がお世話になっていることもありお願いしました。何回が施術を受けシーズンに入った時のスキーブーツの履いた感覚が変わっていることに驚き。操作しやすくなり、腰の違和感も減ってありがたく感じております。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

052-202-5603
受付時間
10:00~20:00(土曜日のみPM5時まで)
定休日
日曜日(臨時定休日あり)

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

052-202-5603

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧な対応に安心

名古屋市の石川様

快ネスカイロオフィスさんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

人にお勧めしたい

名古屋市の山田様

知人にも、ぜひ快ネスカイロオフィスさんをお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

お客さまの声はこちら

院長ごあいさつ

代表者名
岩口孝雄

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

代表プロフィールはこちら
住所

〒460-0002 愛知県名古屋市中区栄1丁目14-14-701

最寄駅

地下鉄伏見駅6番出口から5分

受付時間
 
午前 ×
午後 ×

10:00~20:00(土曜日のみ
PM5時まで)

定休日-日曜日